BLOG

『オーナーの独り言』Vol.8

2020/05/27
カフェ バー ダイニングバー 学芸大学駅 カジュアルバー イベントスペース レンタルスペース

オーナーの独り言 Vol.8

 

皆さんこんにちはこんばんは

最近『note』なるコンテンツを始めました。

店舗ブログより重たらしい内容で更新していますので覗いて頂ければ幸いです・・・

『note』いうち まさたか

 

さて、緊急事態宣言の全面解除を受け、当店も少しずつ通常運転にシフトして行けるよう準備中です。

当店の大きな柱となっている『イベント』に関する緩和はまだまだ先になりそうですが、出来ることを一歩づつ。

コロナウイルス自体が消滅したわけではないので、感染拡大防止対策も気を抜かず、皆さん安心して過ごして頂けるよう努めます。

 

話は変わりますが、先日実家に寄る事があり、久しぶりに両親と顔を合わせました。

最盛期は人間5匹、犬3匹、猫2匹の騒がしい家でしたが、今は人間2匹、犬1匹、猫1匹、とだいぶ寂しくなってしまいました。

久しぶりの犬猫と再会は本当に癒される。

物心ついた時から犬猫に囲まれて生きてきた私としては、この3・4年、獣エキスを摂取してない生活がある意味不自然。

逃げられるまでじゃれついて来ました。
 

母との話の中で、犬猫クンに関する不思議話を聞いたので一つご紹介。

父が一年ほど前から肺を患い、手術やらなんやらをしてもなかなか治らず日に日に弱っていました。

5月初めにはトイレに行くのも一苦労、体力がないからご飯もろくに食べられず痩せていき、さらに体力が落ちていく、の悪循環。

母も正直覚悟を決めなければな、と思ったようです。

そんな頃からまず犬クンが、ご飯を食べなくなり、一日くっ付いているようになりました。

しばらくすると猫クンが、ご飯の時に父を呼び自分が食べているところを見せるようになりました。

猫くんはさらに、普段の夜は母と寝るのですが、急に父の枕元にいるようになったようです。

母が覗くと、父が寝ている姿を見守るようにいたようです。

そんなことが何日か続くと、父の体調も良くなり、先日あった時は、痩せてはいましたが普段通りの父に。

犬猫クンが守ってくれたのかな?

なんて不思議な事があったようです。

犬猫の偉大さに気づかされて実家時間でした。

 

前回、健康・体作りの大切さを痛感した旨、更新しましたが、こんな時には精神衛生にも気を付けなければいけませんね。

 

さてさて、次回更新はそろそろ自慢のウイスキーをご紹介していきたいな、なんて思ってます。

終息に向けて、一人一人が出来ることを!

お店でお会いできることを楽しみにしています!!

 

 

皆さまの日常にひと時の特別を

Light up your Time

Fun with C³