BLOGブログ
BLOG

いよいよ今週末! サロンコンサート 9月22日(土)雑司ヶ谷楽友会第4回『サロンDE百鬼夜行』4人の作曲家による”妖怪”をテーマにした作品展

2018/09/20
サロンコンサート 作曲家 妖怪 ミニコンサート クラシック

雑司ヶ谷楽友会 第4回

『サロン DE 百鬼夜行』

4人の作曲家による”妖怪"をテーマにした作品展

at キュービック Food×Drink×Gallery

9月22日(土)

①オープン 13:00

 スタート 14:00

②オープン 17:00

 スタート 18:00

料金¥3,000(フード付き)+1ドリンク(別料金)

 

作曲家メンバー

服部 伶香

門田 和峻

茂木 宏文

一色 萌生

 

演奏メンバー

Violin 迫田 圭

Viola 仁科 友希

Cello 布施 公崇

 

作曲家プロフィール

一色 萌生 

愛媛県生まれ。都留文科大学社会学科にて社会学・民俗学を学び、 その後、東京音楽大学・及び同大学院にて作曲を学ぶ。作曲を、池辺晋一郎、北爪道夫、土屋雄、西村朗、原田敬子、藤原豊の各氏に師事。在学中、 作品《胎児の夢》で東京音楽大学学長賞を受賞。アコーディオンのための作品《Amalgam II》がEdition Avantus社から出版されている。妖怪愛好家。学芸員資格保有。

 

門田和峻

東京音楽大学作曲専攻芸術音楽コース卒業、 東京学芸大学大学院音楽教育専攻作曲領域を修了。

2017年、久石譲プロデュース「Young Composer’s Competition」にて「きれぎれ(2017)」が最優秀賞、同氏のコンサートにて作品が初演される。

オーケストラのための「貪婪」など現代音楽作品の作曲や、「時のうつる窓」などの室内楽の自作自演等を行う。

また、TBSドラマ「水球ヤンキース」をはじめ様々な劇伴音楽の制作に参加。

2015年から映像制作チームOKPeePsに所属し、株式会社La Maison・岸家等、CM、映像音楽も手がける。

「キッカと不思議な仮面」等ミュージカルの作曲も行う。東京音楽芸術学園、アトリエ・ドゥ・ダルクローズにてそれぞれ講師。

 

服部伶香

1988年岐阜県生まれ。東京音楽大学大学院修了。在学中、作曲を原田敬子、川島素晴、糀場富美子、池辺晋一郎の各氏に師事。第1回21世紀邦楽プロジェクト第1位。17絃箏とヴァイオリンのための作品『Traitor』がマザーアースから出版されている。現在ドイツのリューベック音楽大学修士課程に在籍し、作曲をDieter Mack 氏に師事している

 

茂木宏文

千葉県野田市出身。2012 年東京音楽大学卒業。2014 年東京音楽大学大学院作曲指揮専 攻作曲研究領域修了。これまでに作曲を池辺晋一郎、糀場富美子、鈴木純明、西村 朗、 原田敬子、藤原 豊、村田昌己の各氏に師事。指揮を汐澤安彦、時任康文、野口芳久の各 氏に師事。

《Violin Concerto -波の記憶-》で第 3 回山響作曲賞 21 を受賞(2014 年)。2015 年ヴァレンティノ・ブッキ国際作曲コンクールファイナリスト。2015 年度奏楽堂日本歌曲コンク ール第 22 回作曲部門(一般の部)第 3 位及び畑中良輔賞受賞。2016 年度武満徹作曲賞第 1 位受賞。第 27 回芥川作曲賞受賞。東京ハッスルコピーより打楽器アンサンブル、オーボ エトリオ等の作品が出版されている。現在、東京音楽大学非常勤研究員。東京成徳短期大 学非常勤講師。

 

1回目、2回目共にお席に若干の余裕がございます。

お席の数も少なくなってまいりました!

予約制となりますのでご興味ある方はお早めに!!

 

お問い合わせ・ご予約

info@project-cubic.tokyo

03-6712-2319

 

皆さまの日常にひと時の特別を

Light up your Time

Fun with C³